更年期障害の治し方は一つじゃない|サプリメントで症状改善

夫婦

問題の対策

女性

分泌を促したい物

更年期は女性の閉経前後10年を指しますが、その時期に起こる環境変化によるストレス、もしくは卵巣機能の低下によるホルモンバランスの乱れが、様々な心身の不調を引き起こします。それを更年期障害と呼びます。更年期障害は、平均51歳で発症すると言われており、症状には鬱病や自律神経失調症、認知症、骨粗しょう症などの症状に加え、男性であれば勃起不全などに見舞われることもあります。女性の場合は、女性ホルモンである『エストロゲン』を補充する療法や、サプリメントからエストロゲンの分泌を促す成分を摂取する療法があります。

プエラリアとは

更年期障害治療のためのサプリメントは、『プエラリア』を選ぶのがおススメです。プエラリアとは、東南アジアに生息するマメ科の植物で、エストロゲンなど女性ホルモンの分泌を促すことで知られています。更年期予防のほかにも、バストアップや、美肌効果が得られるため、女性に人気の栄養成分です。大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同様の働きをする、もしくは、その分泌を促す栄養素として有名ですが、プエラリアは女性ホルモンに対して、大豆イソフラボンの40倍もの効果を発揮すると言われています。またプエラリアは、一日の摂取量100mgを守ることで、副作用を避けることも可能です。更年期障害の予防には、プエラリアを含むサプリメントを摂取するのがおススメと言えるでしょう。また、更年期には他にも様々なサプリメントが効果を発揮します。マカやローヤルゼリーを含んだサプリメントが人気となっているので、こちらも活用してみるとよいでしょう。